HUMA 中途採用応募要項はこちら ニュースリリース

ホーム > ニュースリリース > 2006年5月11日 日経産業新聞 10面 医療・バイオ掲載 (抜粋)

ニュースリリース

2006年5月11日

日経産業新聞 10面 医療・バイオ掲載 (抜粋) 

2006年5月11日付日経産業新聞の10面医療・バイオ 掲載(抜粋)
社内システムのASP導入で機能アップ
治験提携医療機関別に専用ページ
情報管理の効率化とセキュリティーの充実

治験(臨床試験)支援サービスの株式会社ヒューマ(東京都港区、平野方史社長、03−5765−2288)は、今夏までに全国200の治験提携医療機関向けにインターネットを介して治験参加希望者(ボランティア=被験者)の予約情報がリアルタイムで提供できるネットワークを構築します。社内システムの「VOBボランティアバンク・オンラインシステム」にASP(アプリケーション・サービス・プロバイダー)方式の導入によるバージョンアップで実現するものです。
これはボランティア会員支援の強化・拡充策の一環です。5月から治験提携病院や診療所などのクライアント先に専用アプリケーションCDを使用し、順次インストールしていきます。これによりクライアントは、専用HP(ホームページ)によってリアルタイムで被験者の治験予約情報が24時間見られます。
ヒューマがクライアント先に提供しているボランティア情報は、身長をはじめ、体重、生年月日、住所、電話番号などの基本情報のほかに、治験参加予定の日時、場所などとなっています。また血圧や血糖値、コレステロール値、中性脂肪などの被験者情報については、クライアントの要望に応じて提供しています。

これまでクライアント先の被験者情報は、FAXやメールを通じて1日1回午後7時ごろまでに日報方式で治験提携医療機関に提供していました。この方式だと、FAXのかすれ文字の発生や人的ミスを誘発しやすく、さらに医療機関側も提供情報の確認が確実にできないなどの課題がありました。
治験医療機関にとって、インターネットによる被験者情報が24時間いつでも見られるので、情報管理の効率化アップが一段と図られます。またID・パスワードによる認証確認をはじめ、SSL(セキュア・ソケット・レイヤー)による暗号化通信、専用アプリケーションによる通信制限、Trust−e(個人情報保護承認)による個人情報の第3者認証などセキュリティー面も一段と充実させています。

会社概要

会 社 名 株式会社ヒューマ
所 在 地 東京都港区芝5−37−8 住友三田ビル4階
TEL 03−5765−2288
FAX 03−5765−2299
設  立 2002年10月
資 本 金 5600万円
代 表 者 代表取締役社長 平野方史
社 員 数 40人(パート・アルバイト含む)
売 上 高 4億3000万円(2005年6月期連結)
事業内容 臨床試験ボランティア募集支援、食品などの臨床試験受託、
CRC(治験コーディネーター)人材派遣・紹介、 治験専用コールセンター受託、
データマネジメント、 臨床試験専用システム開発の受託、ウェブサイトの運営
U R L http://www.huma-c.co.jp

平野 方史(ひらの・まさひと)社長の経歴

1964年4月14日生まれ、42歳。東京都出身。
1988年3月東京理科大学理学部卒業、同年4月太陽工業株式会社入社(ヘリグライド株式会社出向)。1996年株式会社フルキャスト入社、WEB戦略室長、情報システム室長を経て、2002年4月株式会社フルキャストシステムコンサルティングに転籍、営業部長。2002年10月株式会社ヒューマ設立、代表取締役就任、2004年12月株式会社ヒューマR&D設立、取締役就任。