HUMA 中途採用応募要項はこちら 被験者支援事業

ホーム > 会員アンケート調査 > お肌の老化原因を検証!! …綺麗に年齢を重ねていくことはできるのではないでしょうか?

会員アンケート調査

サービス概要 良質なマーケティング・市場調査を!健康・美容情報サイトココミルの読者(会員)による調査!

お肌の老化原因を検証!!

お肌の老化原因を検証!!

年齢を重ねて生きている以上、老化には逆らえません。仕方がないのです!なんて諦めていませんか?「同世代なのにあの人はどうしてあんなに若く見えるのかしら?」「同窓会なのに年齢が違って見えるのはナゼ?」
そんな事を感じたことはありませんか?
若かった「あの頃」に戻ることはできませんが、ゆっくり、綺麗に年齢を重ねていくことはできるのではないでしょうか。
 

男性と女性ではお肌の老化についてどのように感じているのでしょうか?

「あなたはご自分の肌の老化が気になりますか?」

 

「あなたの現在の肌の状態について教えてください」

肌の状態 男性 女性
シミ 30.9% 66.6%
シワ 27.9% 48.3%
たるみ 25.7% 52.8%
弾力・ハリ 25.9% 46.6%
くすみ 11.6% 52.8%
キメ 12.2% 45.3%
乾燥 23.4% 37.6%
テカリ 24.9% 35.0%
赤み 7.0% 16.9%
ニキビ 13.9% 24.5%
湿疹 9.9% 12.0%
その他 3.7% 6.4%
問題なし 17.7% 1.6%
  割合が高い
 

男女ともにほとんどの人が肌の老化が気になっているようですが、女性は93.4%と驚異的な数値がでました。やはり女性の方が肌の老化を強く気にしているようです。

シミが男女ともに気になる現在の肌の状態ナンバー1でした。しかし女性が66.6%と2/3にあたる人が気にしていることに対して、男性は30.9%と女性の半分にも達しません。男女の美容に対する意識や、お肌の強さなどの違いが明白となりました。

くすみは女性が2番目に気にしていましたが、男性は9番目など男女間で出てくるトラブルも変わってくるようです。

Q.お肌の老化が気になる方に聞きました。「肌の老化が気になり始めたのは何歳ごろですか?」

年代 男性 女性 年代 男性 女性
10代以前から 0.8% 0.8% 40代前半 16.2% 10.8%
20代前半 8.1% 11.6% 40代後半 13.7% 6.4%
20代後半 10.4% 25.2% 50代前半 8.4% 2.5%
30代前半 15.0% 22.8% 50代後半 5.5% 1.1%
30代後半 16.4% 18.1% 60代以上 3.9% 0.2%
  覚えていない 1.5% 0.5%
  割合が高い
 

「はじめに老化が気になりだした肌の状態は何ですか?」

肌の状態 男性 女性 肌の状態 男性 女性
シミ 21.8% 30.1% その他の肌の状態
(テカリ・赤み・ニキビなど)
6.5% 4.5%
シワ 15.3% 15.8%
たるみ 14.3% 12.9% 肌荒れなどがなかなか治らない 6.0% 5.2%
弾力・ハリ 13.3% 8.2% 同世代の人と比べて
全体的に老けた印象
2.6% 1.7%
くすみ 4.5% 7.1%
肌理(キメ) 2.3% 7.6% 覚えていない 3.4% 0.7%
乾燥 10.1% 6.4%  
  割合が高い
 

「気になり始めたきっかけは何ですか?」

気になり始めたきっかけ 男性 女性
自分で日頃のケアなどの中で感じた 53.6% 81.0%
エステティシャンやコスメティックカウンセラーなどに指摘された 0.9% 3.8%
友人に指摘された 3.2% 1.5%
恋人・配偶者に指摘された 11.1% 2.4%
子どもに指摘された 3.2% 1.8%
その他の人に指摘された 2.6% 1.7%
その他 9.6% 3.6%
覚えていない 15.7% 4.2%
  割合が高い
 

男性がお肌の老化を気にし始めるのが30代〜40代にかけてなのに対し、女性は20代後半から30代(とくに30歳前後)と悲しいことに、女性の方が早くに老化を気にし始める傾向があるようです。
また、はじめに気になりだした肌の状態は男女ともに1位シミ、2位シワ、3位たるみの順でした。この3つが老化の三現象といえるのではないでしょうか?

老化が気になり始めたきっかけですが、男女ともに「自分で気づいた」が最も多いですが、女性が81.0%と大多数を占めているのに比べ、男性は半分強ほど。やはり意識の違いがあらわれました。
また、男性は1割程度が恋人・配偶者に指摘されて気にし始めているのですから、女性の目は恋人や夫に対しても厳しいようです。逆に女性は2.4%でしたので、男性は女性に対して気を遣っているのでしょうか?

生活習慣によってお肌の老化状況は変わってくるのでしょうか?

以下は20歳以上の肌の老化を気にしている女性の回答からデータを出しました。
老化が気になりだしたころの様々の生活習慣等別に、現在のお肌の状態と、「(現在自分は)同世代の人と比べて若いと思いますか?」のという質問に対しての回答を下記のように5段階の点数に置き換えて平均点を出した「若さ平均点」を比べました。

「かなり若い」 ・・・ 5点
「どちらかというと若い」 ・・・ 4点
「ごく普通」 ・・・ 3点
「どちらかというと老けている」 ・・・ 2点
「かなり老けている」 ・・・ 1点

「若さ平均点」が高くなるほど、若さに自信があるということを示しています。

ライン

ストレスは美容に悪い??性格や表情から肌の老化を検証!!

「ストレスの感じ方別に現在のお肌の老化状況を比べてみました。」

※お肌の老化が気になりだした頃のストレスの感じ方別に比べています。

老化が気になる部分 かなり感じた 少し感じた あまり感じなかった 全く感じなかった
シミ 70.2% 69.9% 68.2% 71.0%
シワ 52.8% 49.7% 51.2% 45.2%
たるみ 60.1% 51.1% 59.7% 45.2%
弾力・ハリ 52.1% 47.9% 44.5% 51.6%
くすみ 58.9% 52.4% 50.7% 54.8%
キメ 53.7% 42.5% 41.2% 38.7%
乾燥 42.6% 37.8% 29.4% 16.1%
テカリ 38.6% 32.5% 28.0% 32.3%
赤み 20.4% 14.7% 11.8% 25.8%
ニキビ 27.2% 22.6% 13.3% 29.0%
湿疹 15.1% 10.1% 7.1% 9.7%
その他 7.4% 6.1% 2.8% 3.2%
平均選択数 4.99 4.37 4.08 4.23
若さ平均点 3.16 3.19 3.34 3.16
  割合が高い   割合が低い   点数が高い   点数が低い

やはりストレスを強く感じている人の方が、肌トラブルや老化を強く感じているようです。
しかし、ストレスが全くない状態がいいのかと言うと、そうでもありません。「ストレスを感じることは全くなかった」人の若さ平均点は低めの結果がでました。適度なストレスがある方がお肌には良いようです。

 

「性格別に現在のお肌の老化状況を比べてみました。」

※お肌の老化が気になりだした頃の性格別に比べています。

老化が気になる部分 明るい 暗い 外交的 内向的 神経質 ずぼら せっかち 落ち着ていた
シミ 70.8% 73.5% 72.9% 67.4% 73.8% 71.7% 75.7% 69.6%
シワ 55.7% 50.0% 58,4% 48.9% 52.3% 54.0% 57.7% 43.7%
たるみ 57.4% 59.2% 60.3% 56.3% 60.7% 60.6% 60.8% 51.3%
弾力・ハリ 51.4% 55.9% 52.6% 50.8% 54.2% 54.9% 51.3% 47.5%
くすみ 56.0% 62.2% 53.3% 56.5% 60.4% 61.1% 61.7% 59.5%
キメ 48.4% 55.9% 51.6% 50.6% 53.9% 53.9% 52.8% 52.5%
乾燥 42.0% 42.0% 44.2% 41.6% 45.2% 42.2% 46.4% 38.6%
テカリ 34.2% 43.3% 34.5% 40.6% 37.7% 40.5% 38.9% 35.4%
赤み 16.1% 27.3% 17.3% 23.3% 19.9% 21.7% 22.5% 19.0%
ニキビ 22.0% 35.3% 23.7% 34.2% 28.5% 26.7% 26.2% 29.7%
湿疹 10.7% 18.5% 11.2% 16.8% 15.9% 14.5% 15.8% 11.4%
その他 5.6% 11.3% 7.2% 8.6% 7.9% 6.9% 7.5% 7.0%
平均選択数 4.70 5.34 4.87 4.95 5.10 5.09 5.17 4.65
若さ平均点 3.30 2.95 3.33 3.05 3.19 3.12 3.21 3.12
  割合が高い   割合が低い   点数が高い   点数が低い

性格でみると、暗い性格だと感じている人ほど肌トラブルや老化が気になっているようです。
反対に明るい性格・外向的な性格と感じている人ほど若さ平均点が高いことがわかりました。

 

「よくしていた表情別に現在のお肌の老化状況を比べてみました」

※お肌の老化が気になりだした頃に、よくしていた表情別に比べています。

老化が気になる部分 笑っていた 眉間にしわ 怒っていた 泣いていた 無表情だった
シミ 70.9% 73.4% 71.4% 70.9% 65.1%
シワ 57.8% 61.7% 53.4% 51.8% 43.6%
たるみ 58.1% 62.4% 58.9% 59.6% 58.7%
弾力・ハリ 50.7% 55.7% 55.2% 56.9% 46.3%
くすみ 55.1% 61.0% 60.8% 63.4% 58.7%
キメ 48.6% 54.7% 55.8% 56.1% 48.3%
乾燥 42.5% 42.2% 42.9% 45.3% 41.6%
テカリ 38.2% 39.3% 36.8% 41.3% 40.6%
赤み 17.0% 20.5% 20.0% 21.5% 25.2%
ニキビ 25.2% 23.2% 24.2% 32.5% 30.2%
湿疹 12.4% 15.3% 14.7% 16.9% 16.4%
その他 6.3% 7.4% 7.4% 8.3% 7.7%
平均選択数 4.83 5.17 5.02 5.25 4.83
若さ平均点 3.23 3.16 3.14 3.11 3.10
  割合が高い   割合が低い   点数が高い   点数が低い

肌トラブル・老化項目の平均選択数はよく笑っていた人、無表情だった人が共に少ないという結果が出ました。しかし、若さ平均点はよく笑っていた人は高かったものの、無表情だったと答えた人は一番低い結果が出ました。

ライン

お肌のケア・対策別に老化を検証!!

「食事状況別に現在のお肌の老化状況を比べてみました。」

※お肌の老化が気になりだした頃に外食や総菜・スナック菓子など添加物の入っている物を食べていた頻度別に比べています。

老化が気になる部分 ほとんど
食べなかった
たまに
食べていた
週2〜4回
食べていた
ほとんど
食べていた
シミ 74.9% 69.9% 70.7% 66.8%
シワ 54.3% 51.9% 51.7% 50.3%
たるみ 57.7% 54.3% 60.8% 57.7%
弾力・ハリ 52.0% 49.7% 48.8% 54.5%
くすみ 58.9% 54.2% 58.1% 57.7%
キメ 38.3% 46.1% 55.0% 52.3%
乾燥 32.6% 38.3% 42.4% 43.2%
テカリ 22.3% 32.8% 40.1% 43.5%
赤み 13.1% 14.2% 21.4% 21.3%
ニキビ 13.7% 21.3% 26.5% 34.8%
湿疹 10.3% 10.7% 14.4% 14.8%
その他 4.6% 6.3% 5.8% 6.5%
平均選択数 4.33 4.50 4.96 5.04
若さ平均点 3.38 3.21 3.18 3.05
  割合が高い   割合が低い   点数が高い   点数が低い

食べ物もやはり関係があるようです。食事に気を使っていた人の方が、平均選択数や若さ平均点から見て、比較的お肌が若い状態であるといえます。
「食事に気を使っていた」人ほどシミやシワが気になる割合が高くなっていますが、食事に気を使う人ほど、美容に対する意識が高く、シミやシワに敏感であるということが言えるのではないでしょうか。

 

「紫外線ケア状況別に現在のお肌の老化状況を比べてみました。」

※お肌がの老化気になりだした頃に行った、紫外線ケア別に比べています。

老化が気になる部分 しっかり
していた
それなりに
していた
多少していた 特に何も
しなかった
スポーツなどで積極的に
日焼けをしていた
シミ 66.0% 68.8% 72.3% 68.1% 78.8%
シワ 44.7% 52.4% 53.9% 49.0% 48.1%
たるみ 45.6% 57.0% 59.3% 54.0% 53.8%
弾力・ハリ 44.7% 49.2% 52.0% 49.2% 46.2%
くすみ 54.4% 55.2% 58.4% 52.7% 59.6%
キメ 42.7% 48.6% 51.0% 46.5% 36.5%
乾燥 35.0% 41.1% 40.3% 37.2% 34.6%
テカリ 25.2% 34.7% 35.6% 35.9% 32.7%
赤み 13.6% 18.6% 17.4% 16.6% 9.6%
ニキビ 26.2% 24.5% 24.1% 22.5% 21.2%
湿疹 10.7% 12.1% 12.5% 12.5% 9.6%
その他 4.9% 6.6% 6.3% 6.4% 7.7%
平均選択数 4.14 4.69 4.83 4.51 4.38
若さ平均点 3.44 3.34 3.16 3.04 3.12
  割合が高い   割合が低い   点数が高い   点数が低い

「しっかり紫外線ケアをしていた」人の方がやはり肌トラブルや老化の症状は少ないようです。当然の結果と言えばそうなのですが、「スポーツなどで積極的に日焼けをしていた」人も肌トラブル・老化の症状は「しっかりしていた」人の次に少なく、意外な結果となりました。
行動的な点や、スポーツしていたことなどがお肌の若々しさにつながっているのでしょうか?

 

「お肌の対策別に現在のお肌の老化状況を比べてみました」

※お肌の老化が気になりだした頃に行った、お肌の対策別に比べています。

老化が気になる部分 アンチエイジング デトックス 高い美容液など エステなど 自宅でマッサージ 積極的に運動 その他気を使った 特に何も
シミ 75.9% 59.8% 75.0% 72.0% 67.9% 70.3% 70.0% 66.9%
シワ 54.2% 49.5% 56.5% 56.9% 56.7% 57.2% 53.7% 48.1%
たるみ 63.9% 60.8% 65.5% 63.3% 64.9% 59.7% 57.1% 50.9%
弾力・ハリ 60.2% 44.3% 54.0% 49.1% 53.3% 54.2% 47.7% 49.0%
くすみ 59.0% 61.9% 60.1% 52.3% 56.9% 63.1% 59.2% 53.5%
キメ 47.0% 50.5% 52.5% 52.8% 54.4% 51.3% 48.1% 46.5%
乾燥 36.1% 48.5% 45.2% 45.9% 44.6% 42.8% 44.9% 36.1%
テカリ 38.6% 37.1% 36.7% 29.8% 36.4% 33.9% 33.1% 36.7%
赤み 20.5% 22.7% 18.5% 18.8% 17.4% 19.1% 17.8% 17.2%
ニキビ 25.3% 30.9% 25.6% 25.7% 24.9% 24.2% 25.4% 23.8%
湿疹 9.6% 17.5% 12.6% 10.1% 12.3% 11.4% 16.0% 11.9%
その他 6.0% 11.3% 5.5% 7.8% 8.2% 5.5% 9.8% 6.6%
平均選択数 4.96 4.95 5.08 4.84 4.98 4.93 4.83 4.47
若さ平均点 3.55 3.31 3.28 3.33 3.31 3.35 3.30 3.06
  割合が高い   割合が低い   点数が高い   点数が低い

上の票だけ見ると、「特に何もしていなかった」人の方が肌トラブル・老化の症状の選択数が少なく、肌老化が進んでいないように思えます。
しかし、若さ平均点では低い数値がでています。進んで美容のために行動をしている人は意識が高く、お肌の状態に敏感だということでしょうか?

ライン

睡眠の違いによるお肌の老化を検証!!

「平均睡眠時間別に現在のお肌の老化状況を比べてみました。」

※お肌の老化が気になりだした頃の、平均睡眠時間別に比べています。

老化が気になる部分 4時間以上 5時間以下 6時間以下 7時間以下 8時間以下 8時間超
シミ 69.8% 66.7% 71.7% 68.3% 71.7% 75.0%
シワ 50.0% 47.8% 54.1% 50.9% 53.2% 43.4%
たるみ 50.9% 53.2% 59.6% 57.3% 53.8% 55.3%
弾力・ハリ 48.1% 47.3% 53.1% 47.3% 50.8% 51.3%
くすみ 58.5% 55.8% 58.3% 52.8% 52.6% 56.6%
キメ 43.4% 48.8% 48.7% 47.2% 46.5% 51.3%
乾燥 44.3% 36.2% 41.3% 38.8% 35.9% 39.5%
テカリ 43.4% 34.2% 35.1% 33.7% 35.6% 36.8%
赤み 16.0% 15.8% 16.6% 17.6% 17.6% 22.4%
ニキビ 26.4% 23.1% 21.6% 20.9% 30.4% 39.5%
湿疹 16.0% 12.9% 12.4% 11.8% 10.0% 14.5%
その他 5.7% 8.7% 6.3% 4.2% 6.1% 9.2%
平均選択数 4.73 4.50 4.79 4.51 4.64 4.95
若さ平均点 3.10 3.13 3.24 3.20 3.21 3.12
  割合が高い   割合が低い   点数が高い   点数が低い

若さ平均点でみると睡眠時間が6時間以下だった人が高くなっていますが、お肌トラブル・老化項目の平均選択数は少なくありません。
睡眠時間だけではなく睡眠の質も見てみました。

 

「睡眠状況別に現在のお肌の老化状況を比べてみました。」

※お肌の老化が気になりだした頃の、睡眠状況別に比べています。

老化が気になる部分 熟睡 夜中に何度か目が覚める 目覚めが悪い・朝起きるのが辛い 寝足りない・寝たのに疲れている 就寝時刻や睡眠時間が不規則
シミ 69.8% 72.8% 71.6% 71.0% 70.4%
シワ 49.2% 53.2% 51.7% 52.3% 53.8%
たるみ 56.3% 58.9% 60.7% 57.2% 58.5%
弾力・ハリ 48.5% 52.9% 53.4% 52.2% 55.2%
くすみ 51.0% 60.1% 62.5% 59.8% 61.3%
キメ 47.7% 52.4% 55.9% 52.3% 55.0%
乾燥 36.2% 39.4% 43.6% 43.0% 46.1%
テカリ 35.7% 34.4% 41.3% 40.2% 40.8%
赤み 18.1% 19.3% 22.4% 20.1% 21.5%
ニキビ 24.6% 23.7% 28.2% 26.3% 28.8%
湿疹 11.6% 16.7% 16.0% 14.7% 15.5%
その他 5.0% 6.4% 8.8% 8.1% 8.4%
平均選択数 4.54 4.90 5.16 4.97 5.15
若さ平均点 3.20 3.24 3.21 3.14 3.14
  割合が高い   割合が低い   点数が高い   点数が低い

熟睡していた人は比較的お肌トラブル・老化項目の選択数が少なく、やはりお肌のためには質の良い睡眠をとることが大事なようです。

ライン

飲酒や喫煙によるお肌の老化を検証!!

「飲酒頻度別に現在のお肌の老化状況を比べてみました。」

※お肌の老化が気になりだした頃の、飲酒頻度別に比べています。

老化が気になる部分 週5日以上 週2〜4日以上 週1日以下 ほとんど飲まなかった
シミ 73.4% 71.6% 69.9% 68.2%
シワ 61.1% 51.9% 52.5% 48.2%
たるみ 63.3% 60.0% 51.6% 55.4%
弾力・ハリ 54.7% 53.4% 46.7% 48.5%
くすみ 60.8% 58.0% 55.4% 53.3%
キメ 50.3% 51.0% 47.8% 46.8%
乾燥 44.0% 38.3% 39.7% 37.8%
テカリ 34.2% 34.2% 37.5% 34.3%
赤み 19.0% 13.1% 20.3% 17.0%
ニキビ 18.0% 22.1% 25.6% 25.6%
湿疹 10.8% 13.1% 13.2% 12.1%
その他 6.0% 5.6% 7.0% 6.6%
平均選択数 4.96 4.72 4.67 4.54
若さ平均点 3.24 3.22 3.16 3.18
  割合が高い   割合が低い   点数が高い   点数が低い

肌トラブル・老化の項目選択数は「ほとんど飲まなかった」人の方が少ないですが、若さ平均点は大きな差ではありませんが飲む頻度が高い人の方が、若さ平均点が高い傾向にあるようです。

 

「一回あたりの飲酒量別に現在のお肌の老化状況を比べてみました。」

※お肌の老化が気になりだした頃の、一回あたりの飲酒量別に比べています。

老化が気になる部分 かなり飲んでいた 軽く飲んでいた 少し飲んでいた ほとんど飲まなかった
シミ 71.1% 71.3% 71.9% 68.1%
シワ 54.6% 55.8% 52.3% 48.1%
たるみ 61.6% 59.7% 51.8% 55.0%
弾力・ハリ 56.0% 50.4% 48.2% 48.8%
くすみ 62.0% 58.3% 54.4% 52.9%
キメ 56.0% 46.1% 49.2% 46.7%
乾燥 39.4% 41.7% 39.2% 37.5%
テカリ 39.1% 34.2% 36.9% 33.8%
赤み 19.0% 16.4% 18.6% 16.6%
ニキビ 22.2% 23.1% 21.9% 25.4%
湿疹 15.5% 10.9% 13.7% 11.8%
その他 7.4% 6.2% 6.2% 6.3%
平均選択数 5.04 4.74 4.64 4.51
若さ平均点 3.18 3.21 3.17 3.19
  割合が高い   割合が低い   点数が高い   点数が低い

お酒は百薬の長とも言いますので、飲み方次第では美肌効果があるのかもしれませんが、飲みすぎてしまえば「万病のもと」というようにお肌にも悪影響が出るようです。

 

「40歳以上の方に喫煙状況別に現在のお肌の老化状況を比べてみました」

※40歳以上の方の、お肌の老化が気になりだした頃の喫煙状況別に比べています。

老化が気になる部分 吸っていない 1日に11本以上、10年以上前から吸っていた
シミ 78.4% 72.8%
シワ 61.6% 66.2%
たるみ 64.9% 79.4%
弾力・ハリ 56.2% 65.4%
くすみ 57.3% 67.6%
キメ 42.8% 54.4%
乾燥 33.5% 36.8%
テカリ 26.4% 27.9%
赤み 12.6% 13.2%
ニキビ 10.0% 9.6%
湿疹 11.3% 7.4%
その他 5.0% 2.2%
平均選択数 4.60 5.03
若さ平均点 3.28 3.26
  割合が高い   割合が低い   点数が高い   点数が低い

シミについては煙草を吸っていなかった人の方が選択していますが、「たるみ」「弾力・ハリ」「くすみ」「キメ」の項目では、タバコを「1日に11本以上、10年以上吸っていた」人の方が10ポイント以上高く大きな差が付いているようです。
スモーキングフェイスというちりめんじわのような細かいシワが長年の喫煙者に見られるといわれていますが、今回の検証ではシワよりもたるみ、弾力・ハリ、くすみ、キメが気になる喫煙者が多いという結果が出ました。
喫煙者は非喫煙者と比べ、肌年齢が増え、保水力も低下するというデータがあります。
やはり、喫煙はあまりお薦めできません。

 
一つでお肌に劇的な違いが現れる生活習慣はなくとも、
日常生活には様々なお肌の老化につながる因子が隠れている!
総論

老化の道は一本道で遡ったりすることはできませんが、長年続けてきた生活習慣や生き方そのものによって、年齢の重ね方や老化の進み具合は変わってくるという結果が出ました。
若い時はお肌に悪いと思っても何とかなってしまうので、つい無茶をしてしまいがちですが、その無茶が10年後、20年後…と響いてくるのかもしれません。
現在の自分だけでなく、未来の自分のためにも、前向きにお肌を労わってあげましょう!