HUMA 中途採用応募要項はこちら 被験者支援事業

ホーム > 会員アンケート調査 > 夏の冷えと健康を検証

アンケート結果の油断できない冷えと健康を検証します

サービス概要 良質なマーケティング・市場調査を!健康・美容情報サイトココミルの読者(会員)による調査!

バックナンバー

徹底検証!!夏なのに「冷え」る人がいる!!

夏でも油断できない冷えと健康

もうすぐ夏本番!!ついつい暑さに・・・エアコンをかけ過ぎたり、冷たいものを飲んだり食べたり・・・してしまいますよね?でも、まった!!今年の夏も、それでいいのでしょうか?
夏の過ごし方をちょっと考えてみませんか。夏なのに冷えを感じている人がいます、何故なのでしょう?!
夏の冷えが肥満になる原因という話もあります。本当に夏に冷えると太るのでしょうか?「冷え」からくる体調の変化は?

今回のアンケートは08年11月18日〜12月16日の期間に行いました。
この期間にアンケートを実施した理由は夏の冷えが肥満に繋がる原因の一つと言う説があったため、夏が過ぎたこの期間にアンケートを行いました。また、夏を前に夏の冷えについて発表する事に意味があると考えたため、今回の時期を選び掲載することにしました。 

 

あなたは、冷え症ですか?

女性/全体(3513) 人数 割合
冷え症・冷え症だと思う
2675 76.1%
わからない
384 10.9%
冷え症ではない・冷え症ではないと思う
454 12.9%
 
男性/全体(914) 人数 割合
冷え症・冷え症だと思う
312 34.1%
わからない
133 14.6%
冷え症ではない・冷え症ではないと思う
469 51.3%

男女では、女性の方が「冷え症・冷え症だと思う」人が多く、76.1%の人が回答しています。

 

あなたはどんな冷えを感じていますか?(複数回答)

  全体 女性 男性
人数 割合 人数 割合 人数 割合
手の冷え
2534 57.2% 2226 63.4% 308 33.7%
首の冷え
444 10.0% 405 11.5% 39 4.3%
肩の冷え
750 16.9% 692 19.7% 58 6.3%
背中の冷え
595 13.4% 541 15.4% 54 5.9%
腰の冷え
1046 23.6% 985 28.0% 61 6.7%
お腹周りの冷え
833 18.8% 792 22.5% 41 4.5%
おしりの冷え
1058 23.9% 1028 29.3% 30 3.3%
足の全体の冷え
1306 29.5% 1214 34.6% 92 10.1%
足首からつま先の間の冷え
2974 67.2% 2572 73.2% 402 44.0%
冷えは感じていない
702 15.9% 322 9.2% 380 41.6%
  1番   2番   3番

冷えの感じる部位では、多い順はあまり変わりがないようです。「足首からつま先の間の冷え」では男性も四割以上の人が感じていました。「冷え症・冷え症だと思う」以外の人も、冷えは感じているようです。

 

冷えの感じている部位ごとの検証

女性で「冷え症・冷え症だと思う」と回答した人の一番冷えを感じた部位ごとにみてみましょう。(複数回答)

 
一番冷えを感じた部位 足首から
つま先の冷え(1609)
手の冷え(450) 足全体の冷え(289) おしりの冷え(101) 腰の冷え(66)
  人数 割合 人数 割合 人数 割合 人数 割合 人数 割合
手の冷え
1170 72.7% 445 98.9% 203 70.2% 56 55.4% 30 45.5%
首の冷え
173 10.8% 57 12.7% 62 21.5% 12 11.9% 12 18.2%
肩の冷え
309 19.2% 107 23.8% 91 31.5% 29 28.7% 19 28.8%
背中の冷え
237 14.7% 71 15.8% 74 25.6% 24 23.8% 20 30.3%
腰の冷え
447 27.8% 126 28.0% 131 45.3% 66 65.3% 62 93.9%
お腹周りの冷え
348 21.6% 85 18.9% 110 38.1% 53 52.5% 26 39.4%
おしりの冷え
477 29.6% 117 26.0% 131 45.3% 101 100.0% 41 62.1%
足の全体の冷え
568 35.3% 168 37.3% 270 93.4% 58 57.4% 28 42.4%
足首から
つま先の間の冷え
1524 94.7% 352 78.2% 154 53.3% 63 62.4% 34 51.5%
一番冷えを感じた部位 お腹周りの
冷え(68)
肩の冷え(35) 首の冷え(30) 背中の冷え(27)
  人数 割合 人数 割合 人数 割合 人数 割合
手の冷え
29 42.6% 17 48.6% 17 56.7% 16 59.3%
首の冷え
13 19.1% 14 40.0% 25 83.3% 7 25.9%
肩の冷え
26 38.2% 31 88.6% 15 50.0% 13 48.1%
背中の冷え
25 36.8% 11 31.4% 11 36.7% 25 92.6%
腰の冷え
37 54.4% 14 40.0% 11 36.7% 7 25.9%
お腹周りの冷え
64 94.1% 14 40.0% 8 26.7% 9 33.3%
おしりの冷え
37 54.4% 13 37.1% 9 30.0% 8 29.6%
足の全体の冷え
24 35.3% 12 34.3% 6 20.0% 10 37.0%
足首から
つま先の間の冷え
36 52.9% 18 51.4% 16 53.3% 16 59.3%
  50%以上の人が回答   40%以上の人が回答

「足首からつま先の冷え」を一番感じている人の多くは「手の冷え」を感じています。
また「手の冷え」を一番感じている人は「足首からつま先の冷え」を多くの人が感じています。手先・足先と末端が冷えやすいタイプのようです。
次に「足全体の冷え」を一番に感じている人も「手の冷え」を多くの人が感じています。末端が冷えやすいタイプのようですね。「おしりの冷え」が一番の人は、下半身全体と「手の冷え」を多く感じているようです。
「腰の冷え」「お腹周りの冷え」は足全体の冷えは少ないものの「お腹から下半身」に多くの人が冷えを感じているようです。「肩の冷え」「背中の冷え」「首の冷え」は上半身と足首からつま先に多くの人が冷えを感じているようです。一番冷えを感じている部位によって体の冷えを感じる部分にある程度パターンがありそうです。
あなたはどのパターンが一番近いですか?

ライン

冷えと肥満の関係

それでは、冷えと肥満の関係をみていきましょう。

 
女性/全体(3513) 人数 平均身長 平均体重 平均BMI
冷え症・冷え症だと思う
2675 158.94 52.23 20.68
わからない
384 158.04 55.33 22.15
冷え症ではない・冷え症ではないと思う
454 157.91 55.43 22.23

それぞれのグループのBMIを比較すると「冷え症・冷え症と思う」はBMIは低く、逆に「冷え症ではない・冷え症ではないと思う」がBMIは高いという結果でした。数値の差はありますが、理想体重の基準内の数値です。

 

BMIとは「Body Mass Index(ボディ・マス・インデックス)」の略。
身長と体重から体格を判定する方法です。(国際基準)

BMI=体重(kg)÷(身長(m)×身長(m))

  • 17.6以下・・・やせすぎ
  • 19.8以下・・・やせ気味
  • 22・・・理想体重
  • 24.2以上・・・過体重
  • 26.4以上・・・肥満
 

この1年間の体重の変動について教えてください。

女性/全体(3513) 人数 体重が
増えた
変わらない 体重が
減った
ダイエットをしなかった
人数 割合
冷え症・冷え症だと思う
2675 41.3% 37.1% 21.0% 1763 65.9%
わからない
384 35.4% 41.2% 23.3% 255 66.4%
冷え症ではない・
冷え症ではないと思う
454 34.7% 44.3% 21.0% 300 66.1%

体重の変動では、この1年で増えたと回答した人は「冷え症・冷え症と思う」人が一番多かったです。

 

夏場に冷えを感じたことがありますか?

女性/全体(3513) 冷え症・冷え症と
思う(2675)
わからない
(384)
冷え症ではない・
冷え症ではないと
思う(454)
人数 割合 人数 割合 人数 割合
よく感じた
325 12.1% 8 2.1% 0 0.0%
時々感じた
1454 54.4% 85 22.1% 46 10.1%
まったく感じなかった
680 25.4% 214 55.7% 348 76.7%
覚えていない
216 8.1% 77 20.1% 60 13.2%

夏場に冷えを感じた人は、やはり冷え症・冷え症と思う人に多く、季節性の冷えだけではないようですね。
では、夏に冷えを感じた人と感じなかった人で体重の変動はどうだったのかみてみましょう。


女性/全体(3160) 体重が増えた 変わらない 体重が減った
人数 割合 人数 割合 人数 割合
よく感じた・時々感じた
(1918)
713 37.1% 901 47.0% 304 15.8%
まったく感じなかった
(1242)
396 31.8% 655 52.7% 191 15.3%

※女性/回答人数3160(覚えていない人353人を含まない)

体重が増えた人では「よく感じた・時々感じた」グループと「まったく感じなかった」グループでは5.3%の差となりました。冷えと体重の増加は関係がありそうです。

 

今年の秋〜冬の冷えは例年の今頃と比べてどうですか?

女性/全体(3513) 冷え症・冷え症と
思う(2675)
わからない
(384)
冷え症ではない・
冷え症ではないと
思う(454)
人数 割合 人数 割合 人数 割合
冷えが強く(酷くなったと)感じる
402 15.0% 24 6.3% 3 0.7%
冷えが少し強く(酷くなったと)感じる
715 26.7% 68 17.7% 30 6.6%
変化はない
1341 50.1% 231 60.2% 167 36.8%
冷えが少し改善されたと感じる
191 7.1% 19 4.9% 10 2.2%
冷えがだいぶ改善されたと感じる
24 0.9% 15 3.9% 9 2.0%
もともと冷えではないので、該当しない
2 0.1% 27 7.0% 235 51.8%

「冷え症・冷え症と思う」と回答した人は、41%ほどが冷えを前年よりも酷くなったと感じていました。同様にわからない人で24%ほど、冷え症ではない人で7%ほどの人が感じています。冷え症の人は年々冷えが酷くなる可能性が高いようです。

 

冷房病と思われるような状態になったことがありますか?(男女/全体)

男女/全体 人数 割合
08年の夏なりました
262 5.9%
08年以前の夏になりました
973 22.0%
今までなった事はありません
3192 72.1%

男女全体で「冷房病と思われるような状態になった事がある」人は合計1,235人(全回答者の27.9%にあたります)。

 

冷房病と思われるような状態になったことがある人で冷え症だと思う人は?

男女/上記で冷房病と思われるような
状態になったことのある人(1235)
人数 割合
冷え症です・冷え症だと思う
1049 84.9%
わからない
91 7.4%
冷え症ではない・冷え症ではないと思う
95 7.7%

冷房病と思われるような状態と冷え症・冷え症と思われる状態の両方に関わる人は1,049人(全体の23.6%)です。冷房病と思われる状態になった事のある人の84.9%は「冷え症・冷え症だと思う」と回答していました。

ライン

それでは、健康と冷えの関係もみてみましょう。

それでは、健康と冷えの関係もみてみましょう。

体調不良や身体・気持ちなどであてはまることはありますか?

男女/全体(複数回答) 冷え症・冷え症と
思う
わからない 冷え症ではない・
冷え症ではないと
思う
人数 割合 人数 割合 人数 割合
頭痛がおこりやすい
997 37.3% 97 25.3% 102 22.5%
肩こりがおこりやすい
1583 59.2% 164 42.7% 182 40.1%
よく風邪をひきやすい
483 18.1% 40 10.4% 40 8.8%
疲れやすい
1552 58.0% 152 39.6% 160 35.2%
食欲がない
123 4.6% 9 2.3% 9 2.0%
生理痛になることが多い
777 29.0% 65 16.9% 63 13.9%
便秘になりやすい
1035 38.7% 92 24.0% 77 17.0%
軟便や下痢気味になりやすい
380 14.2% 44 11.5% 41 9.0%
トイレが近い
648 24.2% 58 15.1% 54 11.9%
抜け毛や毛先のパサつきが気になる
840 31.4% 88 22.9% 100 22.0%
肌がカサカサしやすい
1039 38.8% 87 22.7% 84 18.5%
むくみが気になる
902 33.7% 73 19.0% 68 15.0%
のぼせやすい
296 11.1% 23 6.0% 27 5.9%
腰痛や関節の痛みがある
738 27.6% 86 22.4% 97 21.4%
体温が低め
772 28.9% 48 12.5% 35 7.7%
血圧が低い
833 31.1% 59 15.4% 50 11.0%
血圧が高い
123 4.6% 32 8.3% 38 8.4%
不眠になりやすい
542 20.3% 48 12.5% 47 10.4%
イライラや不安な気持ちなどがおこりやすい
1042 39.0% 108 28.1% 95 20.9%
特に体調不良などではない
75 2.8% 38 9.9% 83 18.3%
  50%以上   30%以上

このアンケートから、おもしろい結果が得られました。冷え症の人の約6割の方が、「肩こりがおこりやすい」、「疲れやすい」、という結果になりました。冷え症の人は、肩こりや疲れに注意が必要。肩こりや疲れがある方は、冷え症になることを注意した方が良いようです。
その他冷え症の人は、全体的に体調不良を感じることが多いようです。

また、女性に多い冷え症だけに、美容面での影響も気になります。「抜け毛や毛先のパサつきが気になる」「肌がカサカサしやすい」なども冷え症の人が割合が高い結果に。健康・美容両面からも冷えを見直してみましょう。

 

「冷え症・冷え症と思う」グループ(男女/2987人)

「あなたは冷え症ですか?」の問いで「冷え症・冷え症だと思う」と答えた男女(2987)
※複数回答
冷房病と思われるような状態になった事がある
(1235)
冷房病と思われるような状態になった事がない
(1938)
人数 割合 人数 割合
頭痛がおこりやすい
498 40.3% 617 31.8%
肩こりがおこりやすい
768 62.2% 1031 53.2%
よく風邪をひきやすい
275 22.3% 296 15.3%
疲れやすい
784 63.5% 1021 52.7%
食欲がない
77 6.2% 72 3.7%
生理痛になることが多い
326 26.4% 478 24.7%
便秘になりやすい
449 36.4% 665 34.3%
軟便や下痢気味になりやすい
207 16.8% 247 12.7%
トイレが近い
329 26.6% 418 21.6%
抜け毛や毛先のパサつきが気になる
385 31.2% 552 28.5%
肌がカサカサしやすい
476 38.5% 667 34.4%
むくみが気になる
426 34.5% 551 28.4%
のぼせやすい
138 11.2% 187 9.6%
腰痛や関節の痛みがある
415 33.6% 480 24.8%
体温が低め
366 29.6% 479 24.7%
血圧が低い
391 31.7% 500 25.8%
血圧が高い
74 6.0% 117 6.0%
不眠になりやすい
303 24.5% 334 17.2%
イライラや不安な気持ちなどがおこりやすい
526 42.6% 663 34.2%
特に体調不良などではない
41 3.0% 83 4.3%
  差が8%以上

「冷え症・冷え症と思う」グループで「冷房病と思われるような状態」になった事がある人とない人で体の不調を比べてみました。全体的に「冷房病と思われるような状態になった事がある人」の方が不調の割合が高くなりました。特に割合の差が大きめの「頭痛がおこりやすい」「肩こりがおこりやすい」「疲れやすい」「腰痛や関節の痛みがある」「イライラや不安な気持ちなどがおこりやすい」などの不調を感じている「冷え症・冷え症と思う」人は、「冷房病」に注意した方が良いかもしれません。
これから夏を向かえます。「冷え症・冷え症と思う」人は冷房病にも気をつけたいですね。

ライン

夏の冷え、対策

秋〜冬の冷えは例年の今頃と比べてどうですか?(男女/回答数4427人)

男女/全体(4427) 人数 割合
冷えが強く(酷くなったと)感じる
493 11.1%
冷えが少し強く(酷くなったと)感じる
975 22.0%
変化はない
2098 47.4%
冷えが少し改善されたと感じる
239 5.4%
冷えがだいぶ改善されたと感じる
53 1.2%
もともと冷えではないので、該当しない
569 12.9%

冷えが改善されたと回答した人は292人(全体の6.59%)でした。「冷えが強くなった・冷えが少し強くなった」人は33.1%でした。では、冷えが改善されたグループの人たちがどのような冷え対策をしていたか、みてみましょう。

 
改善された人が行っていたこと
  • 運動をするようにした(ウォーキング・ヨガ・水泳など)
  • しょうがなど体を温める食材を摂るようにした
  • 体を冷やさないようにこまめに、靴下や腹巻などを利用した
  • 冷たいものの取りすぎに注意した
  • 野菜・果物を摂るように心掛けた
  • 半身入浴などをしていた・・・など
 
総論

特別なことはあまりありませんでしたが、基本的に代謝をあげる工夫をしていた人が多かったようです。
この他のアンケートの結果では、全体的に生活の習慣や食生活に大きな差はありませんでした。
改善された人の多くが、複数の方法で予防している人が多かったようです。予防は小さなことの積み重ねが大きいのかも知れませんね。
今年の夏は冷房病もそうですが、「冷え」そのものにも注意して、体を冷やし過ぎないように気をつけてみましょう。

関連記事