HUMA 中途採用応募要項はこちら 被験者支援事業

ホーム > 会員アンケート調査 > 本当は後悔している?! …タトゥーを徹底検証!!

アンケート結果のタトゥーを検証します

サービス概要 良質なマーケティング・市場調査を!健康・美容情報サイトココミルの読者(会員)による調査!

本当は後悔している?! タトゥーを徹底検証!!

自分にタトゥーがあっても「自分の子どもには反対」が46.5%

昨今、ファッションでタトゥーを入れる人は珍しくありませんが、一方で医療トラブルや社会に出てからの偏見などのトラブルが相次いでいます。しかし、タトゥーについてあまり深く取り上げていないことも実情です。
そこで今回、意識調査を行うことでタトゥーについての認識を改めて考え直すきっかけになればと考えております。
 

本当は後悔している?!タトゥーを徹底検証!!

「タトゥーを入れている」と解答した年代別の割合

年代
タトゥー有りの回答数 有効回答数 タトゥー有りの割合
20代
7
426
1.6%
30代
23
803
2.9%
40代
8
592
1.4%
50代
3
259
1.2%
60代
2
97
2.1%
全体
43
2177
2.0%

「タトゥーを入れている」と解答した男女別の割合

  タトゥー有りの回答数 有効回答数 タトゥー有りの割合
男性
15
601
2.5%
女性
28
1576
1.8%

【30代が比較的に多い】
タトゥーを入れている人は30代の割合が多かった。
男性と女性それぞれの有効回答数からタトゥーを入れている人の割合を計算したところ、男性の方がタトゥーを入れている率が若干多いという結果が出た。

タトゥーをしている人をどう思うか

  タトゥー有り タトゥー無し 合計
人数
割合
人数
割合
人数
割合
不快である
7
16.3%
845
39.6%
852
39.1%
カッコイイ(かわいい)と思う
10
23.3%
144
6.7%
154
7.1%
何とも思わない
26
60.5%
1145
53.7%
1171
53.8%

(割合は有効回答数から)

「何とも思わない」が半数以上
やはりタトゥーがある人の方が他人のタトゥーに対する理解度が大きい。
一方で「何とも思わない」という意見が全体で半数以上あることから、タトゥーへの抵抗感はないものの、ファッションとしての価値も一部の人によるものであることがわかる。

年代別の比較

  20代以下 30代 40代 50代 60代以上
人数
割合
人数
割合
人数
割合
人数
割合
人数
割合
不快である
97
22.8%
265
33.0%
268
45.3%
146
56.4%
76
78.4%
カッコイイ(かわいい)と思う
58
13.6%
68
8.5%
22
3.7%
5
1.9%
1
1.0%
何とも思わない
271
63.6%
470
58.5%
302
51.0%
108
41.7%
20
20.6%

(割合は有効回答数から)

年代を重ねるほど悪い印象が強い
年代別にみると、年代が上がるほどタトゥーに対する印象は厳しい。

タトゥー有りの男性、約半数が「後悔している」

タトゥーを入れたことを後悔しているか

  男性 女性 合計
人数
割合
人数
割合
人数
割合
後悔している
7
46.7%
10
35.7%
17
39.5%
今後後悔するかもしれない
4
26.7%
2
7.1%
6
14.0%
まったく後悔していない
4
26.7%
16
57.1%
20
46.5%

(割合はタトゥーを入れていると回答した人数から)

男性が「後悔している」、女性が「後悔していない」と意見が別れる
タトゥーをしたことを後悔しているのは、男性の方が多い様子。
女性は、「全く後悔していない」が「後悔している」よりも多いことが目立つ。

タトゥーを入れたことを「後悔している」と答えた理由
  • 子供ができ、「ママこれ何?」と聞かれた時に(28歳女性)
  • ノースリーブが着られないので(37歳女性)
  • 銭湯に行けないので(43歳男性)
  • 年を取るとかっこいいと思わなくなった(37歳女性)

自分の子供がタトゥーをしたいと言ったら?

  タトゥー有り タトゥー無し 合計
人数
割合
人数
割合
人数
割合
賛成する
23
53.5%
188
8.8%
211
9.7%
反対する
20
46.5%
1946
91.2%
1966
90.3%

(割合は「タトゥーをしている」「タトゥーをしていない」のそれぞれから。合計は有効回答数から)

タトゥー有りでも半数近くが「子供には反対」
上記の「タトゥーをしている人をどう思うか」に対して、やはりタトゥーがある人の方が受けいれているものの、自分の子どもとなると話は違うようだ。

年代別の比較

  20代以下 30代 40代 50代 60代以上
人数
割合
人数
割合
人数
割合
人数
割合
人数
割合
賛成する
77
18.1%
85
10.6%
30
5.1%
17
6.6%
2
2.1%
反対する
349
81.9%
718
89.4%
562
94.9%
242
93.4%
95
97.9%

(割合は有効回答数から)

「自分の子供がタトゥーをしたいと言ったら?」の賛成派・反対派の意見

賛成派
  • 自己責任でやるのであれば、干渉しない(35歳男性)
  • ワンポイントを条件に賛成する(46歳女性)
  • 思いつきや流行に流されるのではなく、ポリシーを持ったものであれば反対はしない(37歳女性)
  • ファッションの一部なので、反対する理由はない(43歳男性)
  • 万一のことがあった時に、本人である証になるから(28歳女性)
反対派
  • 就職で不利になりそう(38歳女性)
  • 身体を傷つけることは許せない(75歳女性)
  • シールで十分だと思う(35歳女性)
  • 公共の施設に制限が出てくるから(51歳男性)
  • 自分が後悔しているから(27歳女性)
  • 感染症などの病気が心配(33歳男性)
総論
  • タトゥーを入れている人は、全体の有効回答数の2%とまだ少ない。
  • 【タトゥーをしている人をどう思うか】という回答を見ると、全体的にタトゥーを入れている人に「かっこいい」というよりも「無関心」であることがわかる。
  • 【タトゥーを入れたことを後悔しているか】の回答では、男性では「後悔している」と「今後後悔するかもしれない」を合わせると約70%と非常に多いが、女性の場合は約40%と低い。「全く後悔していない」の意見が57%もあることから、男女によって考え方が全く違うという結果となった。
  • とはいえ、男女とも「後悔している」という意見が少なくないこともいえる。
  • 「後悔している」という回答が少なくないためか、タトゥーを入れている人が「自分の子どもがタトゥーをしたいといったら」という回答に対して、約半数が「反対」としている。
結果として

タトゥーは、ファッションとして価値のあるものだと思う人が一部の女性には強くあるようだが、「何とも思わない」という人の方が多く、また、タトゥーを入れた後に後悔する人も数多くいる。
さらに、自分の子どもにはタトゥーを入れさせたくないという意見が、タトゥーのある人・ない人にも多いことがわかった。